映画『JULLAY群青のラダック』の舞台あいさつに参加しました(2023年11月24日) | 織田博子(オダヒロコ)ポートフォリオ oda Hiroko portfolios

映画『JULLAY群青のラダック』の舞台あいさつに参加しました(2023年11月24日)

11月24日(金)に、映画『JULLAY群青のラダック』の舞台あいさつに参加させていただきました。

11月18日の料理イベント「ラダックのチュータギ(すいとん)」に 野村展代監督、シネマチュプキタバタの平塚千穂子さんがお越しくださったことがきっかけで実現した舞台あいさつでした。

目次

マンガ「世界家庭料理の旅 おかわり」で「チベット文化溢れるラダックの家庭料理」を紹介

映画の感想

映画『JULLAY群青のラダック』は、インドのラダック地方を訪れ続けている写真家の佐藤竜治さんの写真の世界に魅了された野村展代監督が、実際にラダックを訪れて感じたことを描かれた映画です。

キャッチコピーは「ただただ、澄んでいる。生きている。感謝している。

美しい群青の空と、標高3000mを超える厳しい自然の中で暮らしをいとなむラダックの人たちの美しさをそのままに描いています。観光地ではなく人々の暮らしを丁寧に描いていく様子がとても好きな作品。私のマンガ「世界家庭料理の旅」の目線に近く、共感しながら見ていました。

ラダックの料理がおいしそう!

私が印象に残ったのはやっぱり料理。ラダックの料理は、チベットともまた少し違い、ほとんど情報がないのでとても面白く感じます。

ブタの鼻のような形のすいとんがユニークな「チュータギ(チュータイギ)」。

また、餃子の形をした「モモ」、巻貝のような形をしたすいとんが入った「スキュー」などが登場していました。

明るいおばあちゃんがかわいい

ラダックを描いた映画の一つに「ラダック 氷上の羊飼い」があります(マンガを描くときに参考にしました)。
この映画に登場するおばあちゃんは、達観した印象でかっこよかった。

一方、「JULLAY群青のラダック」でもおばあちゃんが主人公になっているのですが、このおばあちゃんが明るくて陽気で、とてもかわいらしいのです。
佐藤竜治さんによると、伝統のある家の出身で、今も伝統的な暮らしを守り、また素敵なキャラクターでラダックでは有名な人だそうです。

おばあちゃんの畑は美しく、彼女の豊かな心を映しています。

「生きるために目の前のことを毎日コツコツと積み上げていく」

監督がパンフレットの日記の中で書いている言葉が印象的でした。

厳しい自然の中で生きていくには、ふつうの生活でも大変な労力がいります。牛の乳をしぼり、攪拌してチーズやバターを作り、カモミールを摘み、ゲストハウスの店番をし…早朝から仕事をはじめ、眠る23時まで休みなしのおばあちゃん。

そんな生活でも、感謝の言葉を忘れず、遠くからの旅人にも心を尽くす。その心の豊かさは、「しなければいけない」「こうしなくてはならない」ではなく、「今まさに目の前にあること」をコツコツとしていくということにあるのかもしれません。

私もこの映画を見て、心がゆったりしていくことを感じました。
小さな畑で取れた大麦を、おばあちゃんが手でもんで脱穀し、食べさせてくれるシーン。
採れたての牛乳を攪拌し、チーズやバターにしていただくシーン。
麦を脱穀するには脱穀機が必要、牛乳とチーズは別のもの…そう無意識に思っていた私の考えをかるがると超え、「すべてはつながっている」ということを教えてくれるラダックの人々の生活。

「初めて見るのに、懐かしい」という感情がわいてくるのは、日本でも遠くない昔に、こんな生活があり、おばあちゃんが花を摘んでいた光景があるからかもしれません。

ラダックでもこのような伝統的な暮らしや風景は急速に失われていっているのだそうです。
いまはまだラダックの人にとっては日常でしかないこの映画が、10年、20年後にラダック人の心の中の原風景として、貴重な資料として、残っていくのではないかなと思いました。

好きなシーン

この映画のメッセージを描くようなシーンが二つ、印象に残っています。

乳しぼりをするおばあちゃんの隣で、子牛がおっぱいを飲んでいるシーン。
畑で刈り取った大麦を運ぶロバ?が、大麦をつまみぐいしているシーン。

人間と動物が、自分の必要な分をもらっているのが当たり前の光景にグッときました。

映画詳細

映画『JULLAY群青のラダック』上映情報

▫️アップリンク吉祥寺

@uplink_kichijoji

11月24日(金)〜30日(木)

12:00〜上映終了後(54分)、撮影:佐藤竜治さんと監督:野村が連日トークさせて頂きます。

▫️シネマチュプキタバタ

@cinema.chupki

11月24日(金)~30日(木) 

17時30分~ 上映終了後(54分)、撮影:佐藤竜治さんと監督:野村が連日トークさせて頂きます。

*29日(水)休映

アップリンク吉祥寺は50席、シネマチュプキタバタは20席。ご予約の上ご来場下さいませ🙇

▫️11/24(金)〜

・東京:#アップリンク吉祥寺 #シネマチュプキタバタ

・福岡:#中洲大洋映画劇場

▫️12/1(金)〜

・山口:#シネマサンシャイン下関

・北海道:#サツゲキ

▫️12/10(日)〜

・長野:#上田映劇

▫️12/16(土)〜

・群馬:#前橋シネマハウス

▫️全国順次公開

・名古屋:#シネマスコーレ

・茨城:#あまや座

・大阪:#シネヌーヴォ

x(Twitter)

佐藤竜治: @ryujisatophoto

野村展代: @noby_nobisuke

#ラダック #ladakh #India #インド #チベット仏教 #ドキュメンタリー #群青のラダック #佐藤竜治 #野村展代